毛皮コラム

あまり使わない毛皮のコートを有効活用してみませんか?

ミンクのコートなど毛皮製品はたいへん高価なものです。
あまり身につける機会が無かったとしても、その価値ゆえに大事にとっておく、という方もたくさんいると思います。
しかし、ミンクなどの毛皮はいくら高価であったとしてもあくまで衣料品の一種です。
時間が経つと、あまり使用していなくても必ず劣化していき、その価値はどんどん下がっていきます。
特に毛皮は紫外線に弱いので、室内に差し込む微弱な日光や蛍光灯の光にすらダメージを受けてしまいます。大事にとっておいたミンクのコートがほとんど着ていないにも関わらず、価値を落としてしまうことはよくあるのです。
これらの毛皮製品の価値が、単純に時間が経過するというだけで失われてしまうのは悲しいものです。定期的なクリーニングもかなりの費用がかかる上に、クリーニングはあくまで汚れを落とすというだけなので、時間の経過による劣化を防ぐことはできません。
なんとかこれらの毛皮製品を有効利用する手段はないのでしょうか?

そんなときは、いったん毛皮を手放すという選択肢もあります。
ミンクなどの毛皮製品はその高い価値ゆえに、高級な宝飾品や腕時計などと同様、中古市場では一定の需要があり、頻繁に取引が行われています。
様々な業者が買取を行っているため、手放す決心がつけば比較的簡単に買取をしてもらえるでしょう。
もし毛皮の買取をしてもらうとなれば、次に大事なのはどこで買取をしてもらうかです。
全国に展開しているチェーンから地域のお店まで様々な業者が買取を行っているため、買取をしたことがない方はどの業者を選べばよいか分からないかもしれません。
しかし、現在では既にネット上で買取業者を比較するサイトがいくつも登場しています。
その多くが利用者の口コミを掲載しているため、実際に利用した感想や耳寄りな情報などをチェックすることができます。人気ランキングで気になる業者の評判も確かめることができたり、買取価格の比較でおおよその相場を調べたりもできるので、ぜひ利用してみましょう。

また、毛皮の買取については業者によって得意分野が違ってくる場合があります。
ミンクであれば一般的に、アメリカン・レジェンドやサガ・ファーなどのブランドが人気ですが、特定のブランドに特化した業者やノーブランドを広く扱っている業者など様々です。お持ちの毛皮製品を得意とする業者に買取を依頼すれば査定額が高くなるでしょう。
ある業者で買取を断られたコートが、別の業者では買い取ってもらえた。などということも珍しくないので、他の業者で買い取ってもらえなかった場合でも諦めずに、このサイトで新たな業者を探してみてください。

無駄に占領していたクローゼットのミンク

着物に振袖、ミンクの毛皮。思い出が詰まった大切な服は、繰り返し着れずにいるうちにクローゼットの奥にしまわれてしまうことが多いものです。
かつては大切なものであったのに、今はクローゼット中で幅をとってしまい邪魔だと感じてしまうのは、とても悲しいことですね。大切な思い出が時の流れであせていく前に、きれいにさよならを告げる方法として、買取に出すという手段があります。

あまり袖を通した経験が無いとはいえ、一度は自分が使用したものを、果たして買い取ってもらえるのだろうかという心配は多くの人が抱くものです。また近所に買取を行っている店舗が無かったりして、諦めてしまう場合もあるでしょう。確かにミンクなどの買取を行うお店の本店は東京や大阪や京都などの主要都市に集中しており、近場の買取業者に持っていっても、買取自体を拒否されてしまうこともあります。

しかしひとつのお店に買取を断られたとしても、その毛皮に価値が無いとは限りません。酷い虫食いや色落ちなどはともかく、着用しただけで生じるような些細な傷みは専門のお店に見てもらえば問題なく買い取ってもらえることがほとんどです。例えばそれがブランド物であった場合は、相場として万単位を越えるようなものも出てきます。それをクローゼットの中に眠らせておくことは、本当に最善の方法でしょうか。

一昔前ならともかく、現在はインターネットというものがあり、買取の快適さも随分向上しています。東京にある買取業者であっても、ネット上から全国どこからでも買取を受け付けており、ただ丁寧に箱詰めして送れば査定をしてくれるというお店も少なくはありません。
もし大切な思い出の品を、インターネットの中だけでしか見ることができないお店に任せるのが心配だというのであれば、口コミも同時に見てみるとよいでしょう。ネット上には多くのサイトがあり、中にには買取業者のランキングや評判、いくつかのアイテムの相場などを掲載しているところも存在します。参考の情報とするには十分ですし、ついでに複数の業者をチェックすることができ一石二鳥です。
もちろん持ち物の状態により、買取してもらえないということもあるでしょう。その時は改めてクローゼットに戻すか、誰かに譲るかということを検討してみることになりますが、まだ一度も査定をしてもらったことの無い商品を同じように扱ってしまうのは、少しもったいないことですね。

処分を考えるのは、査定をしてもらってからでも遅くはありません。自分にとって価値があるものは、多くの人にとってもまた価値があるものかもしれません。今一度思い出の品を活躍させてあげるためには、持ち主の買取を利用するという決断が必要不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です